便秘とビフィズス菌

ビフィズス菌で腸内環境を整えることは便秘の解消に大変効果的です。食生活や生活習慣、運動なども重要な要素の一つですが、まずは簡単に始められるビフィズス菌の摂取からはじめてみるのがいいかもしれません。

自然なままの食品に含まれていないため、加工されたヨーグルト、乳製品などの成分表示を確認し、意識的に選ぶ必要があります。またビフィズス菌は薬品ではないので、定期的に食品から摂れるように普段の食事習慣に取り入れる必要があります。ヨーグルトから摂取する場合でも、ご自身の相性に合ったものを選び、なるべく毎日食べ続けることが大切です。

また、ビフィズス菌は胃酸に弱くすぐに腸内に届く前に消滅してしまいます。タイミングとしては、胃酸の弱まる食後に摂るのが理想です。また、購入してからなるべく早めに食べた方がより効果を期待できるでしょう。あわせて、オリゴ糖を直接ヨーグルトにかけて食べたり、オリゴ糖の含まれるごぼう、アスパラガス、玉ねぎなどを普段から食べたりすることで効果は一層高まります。オリゴ糖をエサにしたビフィズス菌は乳酸を放出し、腸は腸内環境を中性に近づけるため水分を集めます。それが便通を引き起こしやすくなります。

ビフィズス菌とオリゴ糖

健康な腸内環境を目指し、意識的にビフィズス菌の含有されたヨーグルトなどの食品を摂取してもいまいち効果があらわれないということもあります。それは口内からビフィズス菌を摂取しても、腸内に届くまでに胃酸によりビフィズス菌が消滅してしまうからです。結果的に腸内は悪玉菌が優勢な状態となってしまい、望む効果を得られません。

ビフィズス菌は生きたまま腸に届かせるのが難しい菌です。ですので、大きな効果を得るためには腸内でビフィズス菌を増殖させるということも重要です。

そのためにはオリゴ糖を同時に摂取することが効果的です。オリゴ糖とは糖分の一種で、人間の消化酵素では消化できない単糖が数個結合した形をしています。摂取したオリゴ糖は胃酸で消化されることなく、生きて腸内にたどり着きビフィズス菌のエサとなり、増殖を助けます。

また、善玉菌がオリゴ糖を食べたあとに乳酸を出します。それによって悪玉菌の力を弱める効果も期待できます。

ビフィズス菌単独での摂取は難しいため、一緒にオリゴ糖を摂ることによってビフィズス菌の増殖を促すだけでなく、悪玉菌の働きも弱めることができるのです。一緒に摂取してもいいですし、普段の食事でオリゴ糖を意識して摂取することでも便秘の効果は期待できます。また、普段の食事から摂取が難しいのであれば便秘対策の食品もあります。参考にしてみてはいかがでしょうか。

ビフィズス菌の種類

人間の糞便に含まれるビフィズス菌は主に約10種類あります。たとえばビフィズス菌BB536(ビフィドバクテリウム・ロンガム・BB536)という種類のビフィズス菌は整腸作用、大腸ガン予防、コレステロール低下作用などさまざまな健康効果が期待できるビフィズス菌の一種で世界的に有名です。

腸内フローラの構成が人によって異なるため、どの種類の菌がどのくらいの数体内にいるのかは個人差が大きくあります。人間の体にビフィズス菌が一番多くあるのが生後1週間頃までの赤ちゃんであると言われており、加齢とともにその量は減少していきます。一方でウェルシュ菌などの悪玉菌は年齢とともに増えていきます。腸内の悪玉菌を減らし、ビフィズス菌などの善玉菌を増やしていくことが健康な腸内環境を目指すうえで必要となります。

種類の多いビフィズス菌ですが、その種類によって健康効果も異なります。ヨーグルトからビフィズス菌を摂取するとしても、自身の体にあったビフィズス菌を取れないのであれば、効果は薄くなってしまいますし、吸収率も下がってしまいます。

商品表示などをよく見て、ご自身で調べながら、何週間か摂取を続けてみることが、自分にあったビフィズス菌を見つけるためには必要です。さらに、自分にあったビフィズス菌を効率よく摂取するために、オリゴ糖の利用も忘れてはいけません。

ビフィズス菌とは

便秘の改善に効くとされ、ヨーグルトのパッケージやコマーシャルなどでよくビフィズス菌という名前を見聞きしますが、実際にビフィズス菌がどういったものなのか詳しくご存じの方は少ないかもしれません。

ビフィズス菌とはその名が表すとおり、人間の腸内に存在する菌の一種で、善玉菌として腸内環境を整え、便秘の改善に対して効果があることはとても有名です。また、花粉症などのアレルギーを緩和する作用もあるとされ、人間の健康状態を保つために重要な役割を果たす善玉菌なのです。

整腸作用、免疫賦活作用、コレステロール値の低下などの皮質代謝アップ、感染からの防御など健康な体にとって非常に有用な菌ではありますが、腸内に保菌することが難しい菌でもあります。食品から摂取する場合、口内から胃を経由するため、胃酸にさらされます。ビフィズス菌は胃酸に弱いためその多くが腸内に達すること無く消滅してしまうのです。

また、自然なままの食品には通常ビフィズス菌は含まれていないため、ヨーグルトなどの加工された食品を意識的に摂る必要があります。10%から20%程度のビフィズス菌などの善玉菌を保持できている状態が理想的な体内環境であるとされているため、このような状態を目指すためにはビフィズス菌がどういったものなのかを正しく知り、意識的に普段の食生活に取り入れることが重要です。

また、あまり知られていない事実としてビフィズス菌は単体で摂取してもうまく体内に留まってくれないということがあります。オリゴ糖という糖分はそれを助けてくれるよきパートナーと呼べる存在です。当サイトではビフィズス菌、そして一緒に摂取することによって吸収を助けるオリゴ糖について解説します。