ビフィズス菌とオリゴ糖

健康な腸内環境を目指し、意識的にビフィズス菌の含有されたヨーグルトなどの食品を摂取してもいまいち効果があらわれないということもあります。それは口内からビフィズス菌を摂取しても、腸内に届くまでに胃酸によりビフィズス菌が消滅してしまうからです。結果的に腸内は悪玉菌が優勢な状態となってしまい、望む効果を得られません。

ビフィズス菌は生きたまま腸に届かせるのが難しい菌です。ですので、大きな効果を得るためには腸内でビフィズス菌を増殖させるということも重要です。

そのためにはオリゴ糖を同時に摂取することが効果的です。オリゴ糖とは糖分の一種で、人間の消化酵素では消化できない単糖が数個結合した形をしています。摂取したオリゴ糖は胃酸で消化されることなく、生きて腸内にたどり着きビフィズス菌のエサとなり、増殖を助けます。

また、善玉菌がオリゴ糖を食べたあとに乳酸を出します。それによって悪玉菌の力を弱める効果も期待できます。

ビフィズス菌単独での摂取は難しいため、一緒にオリゴ糖を摂ることによってビフィズス菌の増殖を促すだけでなく、悪玉菌の働きも弱めることができるのです。一緒に摂取してもいいですし、普段の食事でオリゴ糖を意識して摂取することでも便秘の効果は期待できます。また、普段の食事から摂取が難しいのであれば便秘対策の食品もあります。参考にしてみてはいかがでしょうか。