ビフィズス菌とは

便秘の改善に効くとされ、ヨーグルトのパッケージやコマーシャルなどでよくビフィズス菌という名前を見聞きしますが、実際にビフィズス菌がどういったものなのか詳しくご存じの方は少ないかもしれません。

ビフィズス菌とはその名が表すとおり、人間の腸内に存在する菌の一種で、善玉菌として腸内環境を整え、便秘の改善に対して効果があることはとても有名です。また、花粉症などのアレルギーを緩和する作用もあるとされ、人間の健康状態を保つために重要な役割を果たす善玉菌なのです。

整腸作用、免疫賦活作用、コレステロール値の低下などの皮質代謝アップ、感染からの防御など健康な体にとって非常に有用な菌ではありますが、腸内に保菌することが難しい菌でもあります。食品から摂取する場合、口内から胃を経由するため、胃酸にさらされます。ビフィズス菌は胃酸に弱いためその多くが腸内に達すること無く消滅してしまうのです。

また、自然なままの食品には通常ビフィズス菌は含まれていないため、ヨーグルトなどの加工された食品を意識的に摂る必要があります。10%から20%程度のビフィズス菌などの善玉菌を保持できている状態が理想的な体内環境であるとされているため、このような状態を目指すためにはビフィズス菌がどういったものなのかを正しく知り、意識的に普段の食生活に取り入れることが重要です。

また、あまり知られていない事実としてビフィズス菌は単体で摂取してもうまく体内に留まってくれないということがあります。オリゴ糖という糖分はそれを助けてくれるよきパートナーと呼べる存在です。当サイトではビフィズス菌、そして一緒に摂取することによって吸収を助けるオリゴ糖について解説します。