便秘とビフィズス菌

ビフィズス菌で腸内環境を整えることは便秘の解消に大変効果的です。食生活や生活習慣、運動なども重要な要素の一つですが、まずは簡単に始められるビフィズス菌の摂取からはじめてみるのがいいかもしれません。

自然なままの食品に含まれていないため、加工されたヨーグルト、乳製品などの成分表示を確認し、意識的に選ぶ必要があります。またビフィズス菌は薬品ではないので、定期的に食品から摂れるように普段の食事習慣に取り入れる必要があります。ヨーグルトから摂取する場合でも、ご自身の相性に合ったものを選び、なるべく毎日食べ続けることが大切です。

また、ビフィズス菌は胃酸に弱くすぐに腸内に届く前に消滅してしまいます。タイミングとしては、胃酸の弱まる食後に摂るのが理想です。また、購入してからなるべく早めに食べた方がより効果を期待できるでしょう。あわせて、オリゴ糖を直接ヨーグルトにかけて食べたり、オリゴ糖の含まれるごぼう、アスパラガス、玉ねぎなどを普段から食べたりすることで効果は一層高まります。オリゴ糖をエサにしたビフィズス菌は乳酸を放出し、腸は腸内環境を中性に近づけるため水分を集めます。それが便通を引き起こしやすくなります。